RSS | ATOM | SEARCH
歯ブラシのセット販売始めました

こんにちは、受付の宮本です


以前オアシスで販売しているgenki(f)歯ブラシのセールを行った際、
1本はもちろん、3本セット、12本セット(1箱)での販売も行いました

セットで買うと1本あたり少し安くなるという価格設定で販売し、

箱買いをされていかれる方がたくさんいました!


私もgenkiではないですが、箱買いしています
家に何本かストックがあると、変えたい時にすぐ変えられるし、頻繁に歯ブラシを買う手間もはぶけて楽なんです!( *´艸`)



そ・こ・で!



セール期間だけでなく、常時セット販売を始めました(*'ω'*)/☆彡



オアシスで、リピート率の高い



genki(f)

ペリテクトV

グッペリ



こちらの個性のある3種類の歯ブラシです







genkiは1本390円

    3本1140円(1本あたり380円)

    12本4290円(1本あたり360円)



ペリテクトVは1本280円

        3本810円(1本あたり270円)

       20本5040円(1本あたり252円)



グッペリは1本310円

     3本900円(1本あたり300円)

     12本3360円(1本あたり280円)





まとめて買う程お得です(*´▽`*)





家にストックがたくさんあると、ほんっとに楽なんです!!



これからもリピートしたい歯ブラシがみつかりましたらぜひ、まとめ買いしてみてください(^^)/

 

 

 

 

 

 

author:デンタルクリニックオアシス, category:オアシスな日常, 07:52
comments(0), -, -
更級歯科医師会の学術講演会 〜鶴見大学クラウンブリッジ補綴学講座小川先生を招いて〜

今月の更級歯科医師会の例会は学術部主催の学術講演会がありました。






特別講師は私の母校鶴見大学のクラウンブリッジ補綴学講座の教授である小川匠先生です。(クラウンブリッジ略してクラブリとは、歯の欠損を冠やブリッジなどで補っていく学問の事)



クラブリの小川先生といえば、私もポリクリでとてもお世話になった先生。お世話になったライターの先生方の中でも、とても面倒見がよく、多くの後輩から慕われていた先生でした。先日の歯科医師会の納涼会で小川先生がいらっしゃることを知り、お話を伺えるのを密かにワクワクして待っていた次第。例会開始前に前室にてご挨拶させていただきました。






この日のテーマは「白くて美しい歯の補綴 −CAD/CAM冠の臨床応用ー」






CAD/CAM技術を応用した補綴臨床をお話していただきました。

まずは補綴学の目的、歯列や歯の形をどう作るべきかどのように咬合を回復していくか、またその歯列や歯をどのように長期間維持していくかが目的になるというお話






どんどん増え続けているCAD/CAMブロックをどう分類し使い分けていくのか、それぞれにはどんな特性があるのかといった解説


オールセラミックはシリカ含有率で分ける、シリカベースドセラミックス と ノンシリカベースド 15%以上か以下か といったお話や








オールセラミックスの製作方法(レイヤリング&プレス成型&CAD/CAM)による強度や精度にあたえる影響の話



CAD/CAMシステムの進歩と分類の解説、チェアサイド方式やインハウス方式等製作方式の違いなどの解説があり、



ファイバーポストやジルコニアなどの材料の進歩により「考える咬合の回復ができる時代」になって来ている、と締めくくられて講演は終了しました






また、会場からの質問「CAD/CAM冠の脱離を防ぐためのポイント」などもお話していただきました。


 

いやぁ、歯周内科も新しい事の連続でKY Biteも全く新しい咬合採得法で即応用が可能、マイクロスコープもこれからの歯科に欠かせない設備と、最近受けたセミナーはどれも楽しいものばかりでしたが、


小川先生の情熱のほとばしる王道ど真ん中骨太のクラブリの講義、とても楽しかったです。


もっともっと聞きたかった!















 

author:デンタルクリニックオアシス, category:お勉強の日々, 07:13
comments(0), -, -
歯科用レーザー導入しました @ デンタルクリニックオアシス 長野市篠ノ井の歯科医院

 


YOSHIDA

のオペレーザーproを導入しました



オアシス3年目はレーザー買うかユニット買うかで非常に悩んだのですが



レーザーでの止血や簡単な外科処置など、1日に3回くらい「レーザーがあればなぁ」と感じるようになったことから購入を決定



ヨシダの佐藤さんが納品に来てくれました







細かく使用方法と注意点を教えてくれています





ふむふむ・・・







あーでもないこーでもない・・・



なるほど・・・





色はオアシスにぴったりのボルドーメタリックです



外科処置だけでなく、Dul(入れ歯の傷)や口内炎も一瞬で痛み消しちゃいますよ







今月の請求書を見るのが怖いですw





















 

 

author:デンタルクリニックオアシス, category:オアシスな日常, 07:16
comments(1), -, -
スタッフ戦力化セミナー

 

 

 

 

 


こんにちは!

歯科衛生士の梅澤です(*´ο`*)









九月の頭にKOデンタルさん主催の

スタッフ戦力化セミナー

アドバンスコースに行ってきました\(^o^)/













オアシスに入りたての頃

ベーシックコースを受講し早1年(笑)











久しぶりの一人きりの東京。

迷子にならなくて良かったです(´;ω;`)←







周りの方は都内から来ていて、

長野の田舎から来たのは私だけだったので

元々人前に出るのが苦手な私は

緊張で心拍数上がりっぱなしでした←(笑)







電車が1時間に2・3本しかない。

電車が止まるのは人身事故ではなく

野生の生物が線路に侵入した時などの

田舎あるあるでなんとか緊張もほぐれたので

良かったです(-´∀`-)(笑)













アドバンスコースでは

ベーシックコースで学んだ接遇を、臨機応変に対応できるように学んでいきました。

















グループワークでは

<30代 男性>

・歯が痛い

・仕事が忙しく夕方しかこれない





<50代 女性>

・よく分からないのでお任せします









このような2人の対応をどのようにすればいいのかグループで話し合い発表しました。







私達のグループでは



<30代 男性>

・来れる時に治療を集中して行う

・連続して予約をとる など





<50代 女性>

・模型や図を使って説明をしっかりする など





が挙がりました。







高齢で耳が聞こえずらかったり

車椅子だったり

歯科医院に行くことに不安を持っていたりと、

様々な患者さんがいらっしゃるので

一人一人の要望や要求に合わせて対応できるようにしていきたいです(-´∀`-)

















目隠しをされた患者さんの気持ちになり、

アイマスクをして椅子に座る実習もしました。









椅子を蹴られたり

ドタバタ走ってみたり、

器具を落とす、スタッフの笑い声がする

「わからない。大丈夫かなぁ。」などの声がする











目が見えない状態だと些細なことでも

不安に感じることがわかりました。





オアシスでも水が飛ぶので顔にタオルをかけますが、患者さんが不安に思わない対応が必要になってきます。

その為には、見えていないからこそ、ひとつひとつの動作に声がけしていくことが大切だと思います。



ただでさえ、歯科の治療に不安を持っている方は多いので安心して治療を受けていただけるように努めていきたいですね(∩´∀`∩)



















レジュメの最後には素敵な言葉が載っていました



「過去と他人は変えられない」

しかし、「未来と自分は変えられる」



という事です。











素敵ヾ(*´∀`*)ノ☆*。(笑)

前向きな気持ちになれますよね!















最後には一人一人アドバイスと賞状をいただきました。







このセミナーで学んだことをスタッフ間で共有し、今後に生かしていきたいですヾ(*´∀`*)ノ















お話をしてくださった

講師の菅原徹先生、武田美恵先生

素敵なセミナーをありがとうございました(*´ο`*)



 

 

 

 

 

author:デンタルクリニックオアシス, category:お勉強の日々, 07:01
comments(0), -, -
電話の出かたについて @ デンタルクリニックオアシス 長野市篠ノ井の歯科医院

こんにちは、受付の宮本です


先日先生が読んでいた本にこんなことが書いてありました

 



レストラン経営をしているオーナーの方のお話ですが、
名刺交換をしたら、その相手はもうお客様だ
予約などで相手から電話がかかってくる前に、いただいた名刺の電話番号を登録しておく
そして初めて電話をかけてきた相手にも、第一声は「お電話ありがとうございます○○様!」と出る


そうすると電話をかけた相手は、「初めて電話を掛けたお店が、なんで自分のことを知っているのか?」とビックリするわけです

 



これはすごい、ぜひ、オアシスでも活かそう!




オアシスのレセコン(レセプトコンピューター:カルテ入力したり患者様情報を記録したりするコンピューター)のデンタルシステムズのパワー4Gには、NTTのナンバーディスプレイに対応する簡易CTSという機能があります。

 



これはオアシスに電話がかかってきた時、お相手の電話番号がレセコンに登録されている場合、自動的にレセコン上にお名前とカルテ情報やコメントなどが表示される素晴らしいシステムです

このシステムのおかげで、「カルテ番号〇〇の△△ですけど、」や「〇〇時に予約している□□ですが、」などと名乗って(しかも工夫して)いただかなくても、こちらは電話番号でお相手がわかります

 



であるならば、患者様にわざわざ名乗っていただくお手間を取らせる必要はない訳で
「名乗っていただかなくても、私たちはあなた様を解っていますよ」と先にこちらから発信することが改善の手と考えました


ということで、電話の出方を変えてみました

今までは「おはようございます、デンタルクリニックオアシスの宮本でございます!」と出ていたモノを

「おはようございます(こんにちは)〇〇さん、受付の宮本です」
(患者様は"オアシスにかけてきている"訳ですから、デンタルクリニックオアシスの〜はいらないと判断した訳です)

このように電話に出れば、患者様から自分の名前やカルテ番号を言っていただく手間をはぶけると思ったからです!




早速実践してみます

トゥルルル・・

「おはようございます〇〇さん、受付の宮本です!」

「・・・」

「・・・?」

「えっと、歯医者さんですか?」


「はい、デンタルクリニックオアシスです」

あれ、何かうまくいかないな・・

トゥルルル・・

「おはようございます△△さん、アシスタントの保坂です!」

「・・・」

「・・・?」

「オアシスさん?」


「はい、そうです!」(; ̄O ̄)

ん?患者様はオアシスに電話をかけている訳だから、「オアシスの〜」はいらないと思った訳ですが、 どうも違うようです

やはりこちらの所属、「デンタルクリニックオアシスの〜」は必要っぽいなあ



で、

「こんにちは、デンタルクリニックオアシスの〇〇でございます。△△さん、いかがなさいましたか?」と

変えてみました。






トゥルルル・・・

「こんにちは、デンタルクリニックオアシスの宮本でございます。△・・」

「あ、11時に予約した△△ですがー」

「はい、△△さん。いかがなさいましたか?」


あれ?割り込まれちゃう(・_・;

トゥルルル・・・

「こんにちは、デンタルクリニックオアシスの保坂でございます。 ?〇・・・」

「あー、〇〇デスがー」

「はい、〇〇さん。こんにちは〜!」

ん?なかなか名前を呼ばせてくれないぞ?ヽ(´o`;

一言目が長すぎると、こちらが言いたい事を全部言わせていただけないようです

このように電話の出方って難しいですね






そこでさらに変更をして、

お名前とクリニック名を一気に言うようにしてみました





トゥルルル・・・

「こんにちは〇〇さん、デンタルクリニックオアシスの宮本でございます!」

「あ、宮本さんこんにちは」

「こんにちは〜」(^ω^)


トゥルルル・・

「おはようございます〇〇さん、デンタルクリニックオアシスの保坂でございます!」

「あ、(僕が)わかるんですね?」

「はい、〇〇さん。いかがなさいましたか?」

良い感じです(^ω^)

しばらくこれでいってみようと思います。

 

 

 


今回は電話の出方を例にしましたが、毎日当たり前に行っている仕事でも、このように細かい修正の積み重ねがなされています

私たちは「患者様により安心して通っていただける医院作り」を常に目指しております

ですが、私たちが気付かない事も多々ありますし、医院改善に終わりはないと思っております

「もっとこうしてくれると良いのに・・」や、「こんな事言ったら悪いかも・・」といった事でも、どんどん教えていただけると有難いです

遠慮なく担当スタッフや受付まで、忌憚のないご意見を頂けると助かります

今後とも、デンタルクリニックオアシスをよろしくお願い致します!(^ω^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:デンタルクリニックオアシス, category:オアシスな日常, 07:20
comments(1), -, -
ジルコニアポーセレン @ デンタルクリニックオアシス 長野市の歯科医院

 

従来、セラミックの歯冠修復ではセラミックだけでは強度不足のためフレームに金属が使われていましたが、現在ではコンピューター制御による加工システム(CAD/CAM※)が実用化され、金属の代わりに非常に強度の高いジルコニア材料が使えるようになりました。この技術革新により、現在ではほぼすべての治療が金属を使わずに行うことができます。

※CAD/CAM=Computer aided design / Computer aided manufacturing millingの略



たとえば前歯の補綴物(かぶせ物)は通常保険適応の硬質レジンジャケット冠(金属に硬質レジンを盛り上げて作るもの)かジルコニアポーセレン(ジルコニアにポーセレンを盛り上げて作るもの)の2択になることが多いです



7本を超えるブリッジなどあまり長いケースでは、メタルフレームを製作し蝋着して作製するポーセレンメタルボンドをおすすめする事もありますが、



ジルコニアポーセレンでのオールセラミックスクラウンはとにかく見た目が綺麗変色もなく、錆びないため生体親和性も良いという良い事ずくめ



自由診療のため治療にかかる費用は医院によって様々、ちなみにオアシスの場合消費税込みで86400円です



いつもオアシスでは(有)ホリスの月岡氏リンクに作っていただくのですが、比較して見れる模型を作っていただきました







今回はそんなジルコニアポーセレンがどのように作られているか、というお話
 

 

 

画像は全て月岡氏に提供して頂いたものです






ジルコニアオールセラミックの製作はコンピューター制御によるCAD/CAMシステムを用い、歯型を精密なスキャナー(光学カメラ)で撮影します。







コンピューターで歯の形を設計(CAD)します



設計(CAD)データを基に専用加工機械で形を削りだします(CAM)

削りだしたジルコニア材を高温焼成すると非常に強度の高いジルコニアフレームが出来上がります



ジルコニアフレームを歯科技工士がマイクロスコープ下で精密調整し、色調計測データや口腔内写真などを参考に、セラミックパウダーを何層も配合し、色付けをして製作されます








最新デジタル技術と熟練アナログ技術の融合によって、個々の患者様にあった歯の色を表現し、調和のとれた自然な色に仕上げることができます









 

基本診療の合間にこちらからご説明することが多いのですが、歯の色が気になる方などは
いつでもご覧いただけますので、どうぞ遠慮なくスタッフまでお声がけください







 

 

author:デンタルクリニックオアシス, category:お勉強の日々, 07:15
comments(0), -, -
自由研究〜次男バージョン〜

あと何日あと何日と夏休みの終わりを心待ちにしている歯科衛生士渋谷です。



次男と三男の小学生組の自由研究 さすがに同じ物をやるわけにもいかず 毎年2人分に悪戦苦闘しています



次男今年は 動物たちの歯を調べるということで 



またまた戸隠地質化石博物館へ



ここはいつ来ても貸し切り状態…











いつもながら 二等兵になる三男。



いろんな時代のいろんな物があって 何度来ても楽しめます。



ホネベヤなるところにはいろんな動物の骨がずらりとあります。

これだけの骨をよく集めたなぁと思います。











これは象の歯です。 象は一生に五回も生え替わります。大体一回の歯が10年ほど使えるそうです。 10×5で約50年が象の寿命となるそうです











手前はワニの歯ですが ワニもサメと同じように何度も生え替わります ワニもサメも獲物を丸のみする生き物です。歯の数は多いですが獲物を捕らえるだけで折れてしまうような歯です。





そしてパンダの歯は 虫歯にならないそうです。なぜなら笹を主食としてるパンダですが 人間が食べているもののように歯にくっつかないからだそうです。





地質化石博物館でのリサーチの他に、こんな本も参考にしました。











動物の歯にはにはそれぞれ利点と欠点があります。

今年の次男の研究はいろんな動物の歯について利点と欠点をまとめたものでした。











そして最後のまとめには

いろんな動物の歯があるけど 総合的になんでも噛めて歯としてしっかりしている歯は人間です。だからきちんと歯を磨いて大切にしていかなきゃいけないと気づいたと書いてありました。



それに気づいただけでも 意味のある自由研究が出来たなぁと 母は感心しました?











いろんな歯を写真を撮っている間に三男はカメになっていましたとさ

 

 

 

 

 


 

author:デンタルクリニックオアシス, category:スタッフの休日, 07:08
comments(0), -, -