RSS | ATOM | SEARCH
労務管理改善リーダー研修会 3日目

こんにちは!歯科衛生士の柳沢です。

 

 

今朝の長野市は雪がちらつきました。

 

 

今日は労務管理改善リーダー研修会の第3回です。

 

 

講義のテーマは

 

「セクハラ・パワハラ等、問題社員への対応方法と処分  および女性が活躍する職場の指標」

 

です。

 

 

 

今日はセクハラ、パワハラ等社内の苦情相談の窓口になる総務や人事の方が多く参加されていたようです。

 

 

近年、「◯◯ハラスメント」という言葉をよく聞くようになり、ニュースでも再三取り上げられています。

 

 

企業でも、相談の多いテーマはパワーハラスメントで、過去3年間にパワーハラスメントを受けたと回答した従業員は32.5%

これは平成28年度実態調査の結果で、現在はパワーハラスメントの認知度も上がったので、もっと高い数字になっていると予想されるそうです。

 

パワハラを受けたと回答した人が、その後「何もしなかった」のは40.9%

 

その理由として、「何をしても解決にならないと思ったから」「職務上不利益が生じると思ったから」

が大半を占めているとのこと。

 

怖い現実です。

 

個人が安心して働ける環境がなければ質の良い仕事ができなくなる可能性も高まります。

 

下心がなくても、悪気がなくても、相手が嫌ならハラスメントに該当します。

 

相手との関係性が良好であると一方的に思い込み、性的な言動または高圧的な言動をとっていることが原因でトラブルになることも多いようです。

 

セクハラ、パワハラをしないようにするために職員が認識すべき事項のお話やハラスメント相談に対応するにあたって留意すべき事項のお話がありました。

 

聞き取り調査は気力体力、傾聴能力も重要とのこと。

例文を使っての講義をしていただきました。

 

 

女性が活躍する職場の指標に関しては資料を見るにとどまりましたが、企業によって様々な取り組みがされているようです。

 

 

 

研修会は今日で終了です。

多くの学びがありました。今後に活かしたいです。

 

 

 

 

 

author:デンタルクリニックオアシス, category:お勉強の日々, 13:20
-, -, -
労務管理改善リーダー研修会 2日目

こんにちは!歯科衛生士の柳沢です。

 

 

今日は労務管理改善リーダー研修会の第2回です。

 

 

講義のテーマは

 

 

「社員のやる気を引き出すには・・・」

 

です。

 

オアシスにはやる気の無いスタッフはいませんが、、(^-^;

 

 

 

より良い職場環境づくりのために学び続ける事は大事ですよね

 

 

 

パート1は管理職の役割と資質についてのお話

 

 

 

パート2は人材育成についてのお話

 

コーチングの手法が主な内容でした。

 

 

パート3は組織論

 

パート4は人事労務の法律知識

 

盛り沢山の講義でした。

 

 

コミュニケーション能力を高めることの重要性は盛んに言われるようになっています。

 

組織を作るのは人です。

 

企業を発展させることや企業としての目標を達成するために、上司と社員が良好なコミュニケーションがとれているというのは重要な要素なのだと思います。

 

正しいリーダーシップというものや、これをすれば社員全員やる気になる、という魔法があるわけではありません。

 

 

 

個人の存在や行動を認め合い、良好な人間関係があってこそ明るい職場になり、良い仕事が出来るということにも繋がっていくのだと思います。

 

 

明日は第3回の研修会です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:デンタルクリニックオアシス, category:お勉強の日々, 02:21
-, -, -
労務管理改善リーダー研修会 1日目

こんにちは!歯科衛生士の柳沢です。

 

 

勤務日ではありましたが、時間をいただいて、労務管理改善リーダー研修会に行ってきました。

 

全3回の研修会

 

 

第1回目の今日の講義は

「時間外労働・休日労働に関する協定締結と適正運用」についてです。

 

 

長野県の最低賃金は現在848円に引き上げられ、数字の上では働きやすくなっているという見方も出来る一方で、長時間労働や休日出勤が増えてストレスによる心疾患、脳疾患、メンタル面等健康障害が大きな課題となっているようです。訴訟、紛争も多くなっているそうです。

 

 

労務管理に特に大きな影響を与えると言われている「36協定」(時間外、休日労働に関する協定届)と「残業時間の上限規制」についてが主な内容でした。

 

 

 

働き方改革のため法律も変わってきているんですね。

 

 

働きやすい職場の環境を作るために、企業における総務、人事の仕事は重要で、AIの時代でも必要とされるのではないかと講師の須見先生がおっしゃっていました。

 

 

 

次回の研修会もしっかりお勉強します!

 

 

 

 

 

 

author:デンタルクリニックオアシス, category:お勉強の日々, 00:27
-, -, -
Primescan体験会 @ ケーオーデンタル 長野営業所

ある日KOデンタルの小林氏が

 

「先生、こんな体験会があるんですけど、いかがですか?」

 

と持ってきたチラシに

 

 

シロナの最新型オムニカムPrimescan(プライムスキャン)の体験会と

 

ありました

 

「1年くらい先じゃね?」と言われていたオムニカムの新型が予想より半年も

早い7月末にリリースされたのです。

 

このオムニカムを使用したセレック治療、オアシスでも大変好評で

 

月に30本を下回ることがありません。

 

むし歯を取ってその日のうちにセットまで行ける即日治療が人気の決め手。

 

もちろん金属修復に比べた2次カリエスの少なさも魅力です。

 

 

 

 

相沢に

 

「というわけで相沢ちゃん、一緒に新型見に行かない?」

 

「え、アタシ今のやつでもいっぱいいっぱいなんですけど・・」

 

貴様もニュータイプなら最新型のモビルスーツに載ってみたいだろ!

 

「・・・・?」

 

 

 

 

梅澤に

 

「というわけで梅ちゃん、今夜空いてるよね?」

 

「えー、空いてると言えば空いてますけど・・・」

 

「Primescan長野県初上陸だってさ!友達に自慢できるぞ、良かったな!!

 

「・・・・」

 

 

 

 

なんてやり取りがあったとか、なかったとか

 

 

拉致同様に衛生士2名を付き合わせやってきました、KOデンタル長野営業所

 

 

「いや〜この二人がどうしても見たいって言うからさぁ」

 

 

梅澤&相沢「言ってない言ってないw」

 

 

 

 

 

 

 

「ほらほら〜、キーボードもなくてつるっとしていておしゃれでしょ〜〜」

なんて、近藤さんが自慢げに見せびらかしていますw

 

 

それにしても、カメラがデカい

 

なんでも今まではカメラからPCに送った画像をPCが100%処理していたものが

 

カメラ本体にハードウェアエンコーダーのようなものが内蔵され、従来品より

 

画像解析速度と撮影可能な範囲が劇的に向上したということらしい

 

 

 

梅澤&相沢 「カメラでかっ!」 の図

 

しかもヒーターも内蔵され、撮影中に曇ることもなくなったと。

 

 

 

 

実際に撮影してみる

 

梅澤「うわっ、これ早いですねぇ!」

 

上顎小臼歯なんかを撮影していると必ず頬粘膜が入り込んできますが、頬側を

 

もう一度スキャンしてやるだけで余計な部分は自動でカットされています

 

 

 

「でもウチの相沢、めちゃくちゃカット早いからな!」(←もはや負け惜しみ)

 

 

 

 

たしかにカメラはデカくなっていますが、あっちこっちに振らなくても

 

スキャンが完結するため、これはとても具合良さそうです

 

お値段600ちょいとの事

 

 

 

 

 

 

 

どうせ初期型は安定しないだろうし、ソフトウェアのバージョンアップ2〜3回したら買おう・・・

 

 

 

 

しかし、去年買ったばかりなのにもう型遅れか・・・

 

 

 

 

まぁこの手の機器は待っていても仕方ないからね、欲しい時が買い時です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:デンタルクリニックオアシス, category:お勉強の日々, 06:00
-, -, -
TCHについて @ デンタルクリニックオアシス 長野市の歯科医院

こんにちは!歯科衛生士の神戸です

 

少しずつ過ごしやすくなってきましたね


私は、秋が1番好きな季節です(´∇`)

 

 

定期的に開催されるミーティング
今回は、梅澤歯科衛生士に依頼して
TCHについて講義してもらいました。

 

 

ミーティング前パソコンで準備をしている
梅澤先生決めポーズです!

 

 

ところで、聞きなれない単語ですが
TCHって???

tooth Contacting Habit
(トゥース コンタクティング ハビット)
の略で、日本語では
上下歯列接触癖といいます。

 

 

安静時、(喋ったり、物を噛んだり
していない時)であっても上下の歯列が
接触し続ける癖のことを言います。

 


あれ?私常に上の歯と下の歯が
接触している!!と
思った方も居るのではないでしょうか。

小学校や中学校で勉強、受験のストレスが増えさらにパソコンや携帯電話、スマートフォンの使用やがて仕事によるストレスの増加に伴い、TCHが習慣化していくのではないかと予想されています。

 

 


TCHが習慣化されると、患者さん自身が
毎日無意識のうちに歯や歯周組織に
大きな負担をかけていることになります
守れるものも守れません!!


□重いものを持ったり運んだりしますか?

□モニターを見る作業はしますか?

□噛み合わせが気になることがありますか?

□ 口が開きにくいことがありますか?

□  日中にあごがだるくなったり
      痛くなったりすることがありますか?

□肩こりはありますか?

□頭痛はありますか?

 

 


お口の中の変化は自分では
なかなか気付きにくい部分があります。
当てはまる症状がありましたら
ぜひ、ご相談ください。

 

 

 

 


 

author:デンタルクリニックオアシス, category:お勉強の日々, 06:54
-, -, -
ピュオールデンタルクリニック横濱関内 @ 横浜市中区の歯科医院

 


「クマちゃん、上山田温泉って知ってる?今度ウチのグループが上山田診療所に歯科を立ち上げる計画があるんだけど、クマちゃんそこでやってみない?」


こんな風に同級生の金原先生が声をかけてくれたのが、今から10年ほど前でした。


私の両親は須坂市で薬局を営んでおり、いつかは私も生まれ育った長野県に帰ってきたいと思っていましたが、自分の力量に自信が持てなかったり勤務先の居心地も良すぎたりしてなかなか帰ってくるきっかけをつかめずにいた頃の話でした。


金原先生の提案は私にとって「渡りに船」とも言えるお話で、それまで勉強したものを試す絶好の機会でもありました。ですから金原先生には恩義を感じているところです。



金原先生は学生時代からとても器用な男でポリクリ(臨床実習)での成績も常にトップクラス、卒後は大学の医局には残らずに開業医に勤務しその腕を磨き、横浜いずみ台病院の歯科を立ち上げそこで常に法人グループトップの成績を残しました。彼の得意分野はインプラントをはじめとする口腔外科領域や小児歯科、障害者歯科と多岐にわたり、拡張に次ぐ拡張を成し遂げる正にカリスマでした。

私も上山田病院時代には歯科衛生士を連れて見学伺い、大いに刺激を受けたものです。



そんな彼が一昨年くらいから法人の経営方針と彼の想う診療スタイルとのズレに悩み、何度か相談を受けていました。大人しく長いものに巻かれていれば、何も困ることもなく安住が約束されていたのですがね。やはり彼自身が追い求めたいものを曲げられるのは、プライドが許さなかったのでしょう。私も上山田病院を辞めた時に同じような思いでした。それまで集まってくれた患者さんを裏切ることにならないか、共に頑張ってくれたスタッフに申し訳ないという気持ちなど彼の葛藤もよく理解できます。


そして、昨年から準備を進めこの春から彼のホームタウンである横浜市関内で自らのクリニック「ピュオールデンタルクリニック横濱関内」をオーブンする事になりました。

 

 


ピュオールデンタルクリニック横濱関内ホームページはこちらです。



 

 



先日その開院前の内覧会が行われ、休診日でもあったため私もお伺いしました。







場所は関内駅から歩いて2〜3分のテナントビルの3階、開始前の時間でありましたが内覧会のスタッフさん達が表でビラを配っておられました






笑顔がとても素敵なアシスタントの子に案内してもらい診療室中を拝見しましたが、彼の診療に対するこだわりが随所に見受けられる素晴らしい造りでした。セレックにしろクラスBの滅菌機にしろ、彼がそれまでの勤務医の立場では実現できなかったものが満載でした。






全く白紙の段階から目的地となる彼の理想とする歯科医院の在り方を考え抜き、数あるルートの中から最善の道を選択し、磨き上げた「これからの歯科医療はこうあるべき」という彼の発想には私自身学ぶべきところが多く、彼の熱い想いがビシビシと伝わってきました。


また、全員とはお話しできませんでしたが集まったスタッフさん達もそんな彼の想いをしっかり実現してくれる方たちと見受けました。
オープニングで集まってくれたスタッフさんってやはり特別な存在なんです。院長がどんな想いでその歯科を作ったのか、どんな方向に向かっていきたいのかを一番理解してくれるのは立ち上げに関わったスタッフです。後からでは決してオープニングスタッフにはなれませんから。
彼女たちが他のどこにもない「ピュオールの文化」を作って行くのでしょう。






近隣にも多くの歯科医院が乱立していますが、そんな普通に作られた歯科医院とは全く別物の歯科医院の誕生です。

 

開院は本日平成31年4月1日です。







子供にバルーンも頂きました、とても喜んでいました


金原先生、スタッフの皆さん、頑張ってください。

また落ち着いたころにスタッフたちを連れて見学に伺わせてもらおうと思います。
 

 

 

 









 

 

author:デンタルクリニックオアシス, category:お勉強の日々, 07:09
-, -, -
ケーオーデンタル講演会 ラーニングステージをのぼる @ よみうりホール

休診の日曜日は有楽町駅前のよみうりホールへ



ケーオーデンタルの小林さんが誘ってくれたセミナーです



この日は「ラーニングステージをのぼる」というテーマ。今の歯科界でセミナーなどバチバチの最も勢いのある二人の女性歯科医師と、それぞれのメンターともいうべき修行時代に指導を仰いだ二人の師の4先生による講演会でした。











天川由美子先生は大学の先輩にあたり、接着をテーマにしたセミナーをにおいてとても有名な先生

天川先生の審美歯科修復のベースとなるもの、これまで辿って来られた遍歴とそのラーニングステージのお話と今現在の活動から今後考えておられる事、など多岐にわたるお話がありました。若い歯科医師にアドバイスする事として、「焦らずに一つ一つ進めれば良いんです」と締めくくられました。



土屋賢司は「歯科修復治療の目標を再考する」というテーマでゴールを見据えた包括的な治療計画の重要性、それを行うためのチームの充実の大切さや誰がリーダーシップを取るのかといったお話を先生の素晴らしい症例を供覧しながらの発表があり、とても勉強になりました。ワタクシ土屋先生が書かれた本は何冊も持っています。サインもらえば良かったw







林美穂先生はWDC(Woman Dentists Club)の会長をされており、修業時代を元先生の下で過ごされました。その時のお話をメインに、その他に先生に大きな影響を与えたメンターの話、先生のラーニングステージの話などおはなしいただきました。また、WDCでの活動や今後考えておられることなどのお話しいただきました。





元永三先生からは「効果的なインフォームドコンセントを通じて」というテーマで患者さんに対するカウンセリングの話をメインにお話がありました。また先生のメンターの話、医術
医業 医道、感謝 感動 共感といった先生が心に留めておられることのお話もあり、とても勉強になりました。











第一線を駆け抜けてきた、またその背中を見て育ち今まさに第一線に立とうとしているそれぞれの先生方の熱い想いがたくさん詰まった、とても濃い講演会でした。会場からの感想でこのラーニングステージをのぼるのパンフレットの後ろ姿に先生方の姿が重なるとありましたが、私も全く同感でした。




















 

author:デンタルクリニックオアシス, category:お勉強の日々, 07:20
comments(0), -, -