RSS | ATOM | SEARCH
CAD/CAMと3Dプリンター @ デンタルクリニックオアシス 長野市篠ノ井の歯科医院

 


セレックを導入して1か月ほど過ぎました



現状撮影しない日は無いほど、下手をすると1日2〜3本削りだしを行っております



院内でフルジルコニアによるインレーやクラウンも作れるようになった今、院外技工に依頼する頻度も以前と比べて少なくなりましたが、それに負けていないのがプロフェッショナルのお仕事



歯科技工所ホリスの月岡氏がこんなものを持って来てくれました







オムニカムで撮影し、シロナコネクトを使用して依頼したジルコニアポーセレンです



あれ?



模型は出していないのに模型があるぞ?











通常のシロナコネクトを使用した流れでは、オアシスのCAD(Computer Aided Design)でデザインした補綴物のデータをネットを経由したデータ通信でホリスに送ります



そのデータからホリスではそのデータからCAM(Computer Aided Manufacturing)でブロックから削り出したり、そこに色を合わせながら焼成したりして補綴物を完成させます



通常ですと模型が無い状態で納品されるのですが、何とこの模型、CADのデータを元にして3Dプリンターで製作したものという事です











しかもね、この模型凄いことに



じゃーん







分割できるのです



すっごくないですか?



もうね、一生懸命シリコンで印象とって気泡が入らないように真空練和器使って超硬石膏練る時代じゃないんですねぇ



模型を手にした技工士さんだって、ダウエルピン立ててイトノコでちまちま分割模型を製作する必要は無くなっているのです

 

こうなると保険診療でメタルのクラウンを作る方が手間が4倍以上かかります

 

たとえば、

・保険クラウンの場合

印象&咬合採得→石膏注入→作業模型製作→ワックスアップ→埋没→鋳造→研磨

・セレックの場合

光学印象→PC上で設計→ブロックの切削→研磨

という具合に、人間が手を動かしている時間で考えると、5分の1以下の時間で質の高いクラウンやインレーが製作できます。

 


オムニカムがあると形成までを歯科医師が行い、DHがサッと撮影してくれるだけで、寸分の狂いのない補綴物が仕上がってきます



歯科の技術もココまで来たか・・・、という感じです



近い将来、3Dプリンターによるコバルトクロムやチタン等の金属修復もできるようになるでしょうし、



デンチャー(義歯)だって光学印象から設計製作できるようになるでしょう







科学の進歩ってすっごい!



(∩´∀`)∩



 

 


※模型の画像は患者様のご了承を得て使用しています

















 

 

author:デンタルクリニックオアシス, category:オアシスな日常, 07:02
comments(0), -, -
Comment