RSS | ATOM | SEARCH
ピュオールデンタルクリニック横濱関内 @ 横浜市中区の歯科医院

 


「クマちゃん、上山田温泉って知ってる?今度ウチのグループが上山田診療所に歯科を立ち上げる計画があるんだけど、クマちゃんそこでやってみない?」


こんな風に同級生の金原先生が声をかけてくれたのが、今から10年ほど前でした。


私の両親は須坂市で薬局を営んでおり、いつかは私も生まれ育った長野県に帰ってきたいと思っていましたが、自分の力量に自信が持てなかったり勤務先の居心地も良すぎたりしてなかなか帰ってくるきっかけをつかめずにいた頃の話でした。


金原先生の提案は私にとって「渡りに船」とも言えるお話で、それまで勉強したものを試す絶好の機会でもありました。ですから金原先生には恩義を感じているところです。



金原先生は学生時代からとても器用な男でポリクリ(臨床実習)での成績も常にトップクラス、卒後は大学の医局には残らずに開業医に勤務しその腕を磨き、横浜いずみ台病院の歯科を立ち上げそこで常に法人グループトップの成績を残しました。彼の得意分野はインプラントをはじめとする口腔外科領域や小児歯科、障害者歯科と多岐にわたり、拡張に次ぐ拡張を成し遂げる正にカリスマでした。

私も上山田病院時代には歯科衛生士を連れて見学伺い、大いに刺激を受けたものです。



そんな彼が一昨年くらいから法人の経営方針と彼の想う診療スタイルとのズレに悩み、何度か相談を受けていました。大人しく長いものに巻かれていれば、何も困ることもなく安住が約束されていたのですがね。やはり彼自身が追い求めたいものを曲げられるのは、プライドが許さなかったのでしょう。私も上山田病院を辞めた時に同じような思いでした。それまで集まってくれた患者さんを裏切ることにならないか、共に頑張ってくれたスタッフに申し訳ないという気持ちなど彼の葛藤もよく理解できます。


そして、昨年から準備を進めこの春から彼のホームタウンである横浜市関内で自らのクリニック「ピュオールデンタルクリニック横濱関内」をオーブンする事になりました。

 

 


ピュオールデンタルクリニック横濱関内ホームページはこちらです。



 

 



先日その開院前の内覧会が行われ、休診日でもあったため私もお伺いしました。







場所は関内駅から歩いて2〜3分のテナントビルの3階、開始前の時間でありましたが内覧会のスタッフさん達が表でビラを配っておられました






笑顔がとても素敵なアシスタントの子に案内してもらい診療室中を拝見しましたが、彼の診療に対するこだわりが随所に見受けられる素晴らしい造りでした。セレックにしろクラスBの滅菌機にしろ、彼がそれまでの勤務医の立場では実現できなかったものが満載でした。






全く白紙の段階から目的地となる彼の理想とする歯科医院の在り方を考え抜き、数あるルートの中から最善の道を選択し、磨き上げた「これからの歯科医療はこうあるべき」という彼の発想には私自身学ぶべきところが多く、彼の熱い想いがビシビシと伝わってきました。


また、全員とはお話しできませんでしたが集まったスタッフさん達もそんな彼の想いをしっかり実現してくれる方たちと見受けました。
オープニングで集まってくれたスタッフさんってやはり特別な存在なんです。院長がどんな想いでその歯科を作ったのか、どんな方向に向かっていきたいのかを一番理解してくれるのは立ち上げに関わったスタッフです。後からでは決してオープニングスタッフにはなれませんから。
彼女たちが他のどこにもない「ピュオールの文化」を作って行くのでしょう。






近隣にも多くの歯科医院が乱立していますが、そんな普通に作られた歯科医院とは全く別物の歯科医院の誕生です。

 

開院は本日平成31年4月1日です。







子供にバルーンも頂きました、とても喜んでいました


金原先生、スタッフの皆さん、頑張ってください。

また落ち着いたころにスタッフたちを連れて見学に伺わせてもらおうと思います。
 

 

 

 









 

 

author:デンタルクリニックオアシス, category:お勉強の日々, 07:09
-, -, -