RSS | ATOM | SEARCH
マスクのお話 @ デンタルクリニックオアシス

今日は私たちが日常で使用している医療用マスクのお話

 

全世界で流行する新型コロナウィルス感染症により、いままでマスクを使用していなかった世界中の方々もマスクをするようになり

 

需要が増えれば価格も上がる、その影響をもろに受けている医療業界です

 

コロナ前はASTMのレベル1が一箱500円もしなかったのに、今は「どこの規格かすらわからない謎マスク」が一箱1500円前後で販売されております

 

とはいえ、

「私たちの一番身近にあって様々な感染症から私たちの身体を守ってくれるマスク、1枚10円なんてもともと安すぎたのだろうなぁ」

 

「不顕性感染をしている方がいつ来るかわからない今、マスクくらいは良いものを使わなきゃいけないなぁ」

 

「といってもN-95なんて苦しくて一日付けていられないしなぁ」

 

なんて思いを巡らせまして、とりあえずオアシスで使用するマスクのランクを引き上げました

 

 

それがGCの「ディスポーザブルカップキーパーマスク供廚任

 

 

50枚入りにしては箱がやたらと分厚い、これが5層構造か・・・

 

 

FEEDで売られている3層構造のマスク(同じ50枚入り)の箱と並べてもその差は明らかです

 

スペックを見てみると

 

 

BFE≧99% PFE≧99% 血液不浸透性120mmHG とASTMレベル2をクリアしています

 

付けた感じもゴムの具合がよく、耳も痛くなりません

 

 

安心のメイドインジャパン

 

販売価格は2000円を上回るものの、今の高騰を考えるとむしろ安く感じます

 

これでスタッフを守っていこう・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相沢「センセー、このマスク分厚くて暑いっス(・∀・)」

 

「うるさい、文句言うんじゃない!」

 

( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:デンタルクリニックオアシス, category:オアシスな日常, 06:45
-, -, -