RSS | ATOM | SEARCH
妊娠中の口の中の変化について @ デンタルクリニックオアシス 長野市篠ノ井の歯科医院
こんにちは!


寒くて毎朝お布団から出られない歯科衛生士の柳沢です。


さて、今日は妊娠期のお口の特徴についてお話したいと思います。














妊娠期のお口の中には次のような特徴、変化が表れます。


・つわりによる口腔清掃の不良

つわりの程度には個人差がありますが、歯みがきの回数が減ったり、歯みがきの時間が短くなりがちです。



・食べ物の好みの変化や間食の増加
酸味の強い酸っぱい食品や清涼飲料水や甘いお菓子を飲食する回数が増える傾向にあります。

子宮が大きくなるにつれて胃が圧迫され、一度に必要な量の食事がとれなくなり、それを補うため、「ちょこちょこ食べ」や「だらだら食べ」が増えます。


ブラッシングがおろそかになりがちな妊娠期間中にこのような食べ方をしていると、虫歯の温床を作ってしまいます。



・唾液の量や性状の変化
唾液の量が減るので、自浄作用、抗菌作用が弱くなり、虫歯の原因菌が増えます。



・女性ホルモンの働きの活性化

妊娠中は女性ホルモンの働きが活発ですが、
この女性ホルモンは歯周病菌の大好物。歯周病菌はどんどん育ってしまい、歯ぐきから出血しやすくなったり、歯周病になりやすくなります。



このような変化が妊婦の歯と歯ぐきにトラブルを引き起こします。



妊娠中の口の中は、虫歯や歯周病になりやすい条件が何重にも重なっているのです。

加えて、免疫力も低下しているので、普段より虫歯菌、歯周病菌に攻撃されやすくなっています。


歯周病にかかっていると、早産や低体重児出産の危険性も高くなるので、普段以上のケアが必要です。










自分で出来るケアのポイント


・出来るときにこまめにブラッシングすること。
フッ素入り歯みがき粉やフッ素ジェルを活用するのも良いです。

・食後に水を飲む

唾液の分泌を促すため、


・ジュースより果物を食べる

・キシリトールガムを噛む

・よく噛んで食べる

ことが大切です。

リラックスした生活を送っていただく事も唾液の分泌を促します。




妊娠中から(出産後もですが)ご自身の歯と歯ぐきの健康を守ることは、産まれてくる赤ちゃんのお口の健康を守ることにも繋がります。





10ヶ月間、お腹の中で赤ちゃんを育てるんですから、妊婦さんは本当に大変ですが、是非、お口の事にも意識を向けて、ケアをしてください(^-^)









宮本さんがきれいにまとめてくれました。



妊娠されている方、予定のある方にお配りしています。







どうぞお声がけください(^O^)




 
author:デンタルクリニックオアシス, category:お勉強の日々, 06:00
comments(0), -, -
Comment