RSS | ATOM | SEARCH
歯を守る市民の会
突然の豪雨と、突然の緊急メールにハラハラさせられてる歯科衛生士の渋谷です。

先日、お昼休みを早目にもらい長野市保健所に行ってきました。



そのわけは…

平成27年度 歯を守る市民の会という委員会です。





なぜオアシスなスタッフの私が行くのかというと、私、長野市のPTAの代表として、参加してきました(。-∀-)





何をするのかよくわからないまま

保健所の会議室へ。



会議室に行くと、見たことのある歯科医師会の先生たちが座ってました。



机の上には委員会の議題などの資料が。











まず、自己紹介などをして議題へ。



この歯を守る市民の会

健康な歯を保持し、生活することは豊かな人生を送る第一歩であり…市民のニーズに応えるためには、時代に即応した歯科保健指導をする必要があり、歯科保健関係者の知識の研鑽を図ることが重要である。などを目的として、長野市歯科医師会、更級歯科医師会 埴科歯科医師会他には看護協会、栄養士会、社会福祉事業、長野市PTA連合会などなどの委員を元に組織され歴史は今年で29年目だそうで…

なんだぁ。私と同じ年じゃ〜ん。

(°o°C=(_ _;



今年度初めての委員会は、昨年度の事業報告や、今年度の事業計画を発表したり



長野市の歯科保健事情について健康課や保育幼稚園課などから報告があったりしました。



三才児の健康診査では虫歯のある子どもは、年々減ってるそうです。成人に関しては、40.50.60.70才を対象に歯周疾患検診がありますが、対象者の受診率が低いことが挙げられ、受診率をアップするための普及活動が必要なことや、保育園、幼稚園児の全体の虫歯保有率は下がってるけれど、対象年令が上がるつれて虫歯の保有率も上がるっている現状があると報告を受けました。つまり年少さんよりは年中さん、年中さんよりは年長さんのほうが虫歯を持ってる子が多いというわけです。



こんな内容を聞いていると貴重な昼寝時間に出席している私は眠くなったりするわけで…( ̄q ̄)zzz

睡魔という、大ボスと戦いながら一時間半あまりの歯を守る市民の会委員会というステージをクリアしました。ヽ(・∀・)ノ



この委員会の内容は、オアシスでも課題として考えていかなければならないことがありそうです。



この歯を守る市民の会は2年の任期なので、来年度も私は参加するわけですな(´・c_・`)

 
author:デンタルクリニックオアシス, category:お勉強の日々, 06:01
comments(0), -, -
Comment