RSS | ATOM | SEARCH
スタッフミーティング @ デンタルクリニックオアシス 長野市篠ノ井の歯医者さん


こんにちは。



窓を開けたまま寝て風邪をひきました(笑)歯科衛生士の梅澤です。



最近はまた梅雨に逆戻りで、雨降りが続いていますね(;д;)



これから夏になって暑い日が続くので皆さんも体調くずさないよう、十分気をつけてくださいね!











さて先日は、スタッフミーティングを行いました。



テーマは「歯科衛生士のためのPCRセミナー」です。






今回はDH渋谷さんがお話をしてくれました!(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ



先日のブログリンクのように名古屋までセミナーを聞きに行き、大事なところをパワーポイントにまとめてくれました(^人^)♪













PCR(polymerase chain reaction)検査とは簡単に説明すると

【お口の中の悪さをする細菌が、どのくらいの数がいるか】を調べるDNA検査です。

オアシスでは特に歯周病の悪玉菌といわれる5菌種を測定します。





その検査の結果で、歯周病を引き起こす原因菌が多く検出された場合、

歯周内科治療の対象になります。


歯周内科治療とはPCR検査の結果をもとに数種類の内服薬でその原因菌を除菌しつつ、

全額的なSRP、3DSでの除菌治療と共に抗真菌薬で細菌の住処になりやすいカンジダ

(カビ菌)を破壊していく治療法です。









この治療法のメリットは

*菌の存在が具体的なデータ(数字)で出てくるので患者さんも、理解しやすい

*プラークの量を変えるのではなく、プラークの質を変えるという考え

*外科処置のような痛みや苦痛を伴わず短期間で症状の改善が得られる

*再感染に気を付けることで、長期間安定しやすい

ということです。






・しょっちゅう歯茎から膿(うみ)が出る

・歯茎がブヨブヨとして腫れている

・ 歯がグラグラ揺れている

・お口の中がネバつく感じがする

・ 歯茎から出血する

などなど、当てはまる点はありませんか?

当てはまる方は歯周病かもしれません。



当院で歯周内科を受けた患者様方の感想はこれと全く逆で

・歯を磨いても出血しなくなった

・口の中のネバネバがなくなった

・嫌な臭いがしなくなった

・歯茎がはれなくなった


などなど、とても喜んでいただいています。



最近の研究では歯周病は全身疾患(心臓病、糖尿病、高血圧、骨粗鬆症など)にも関わってくることが分かってきました。

ただ、残念なことに歯周内科はまだ広く知られていない治療法で、取り入れている歯科医院も少なく健康保険も適用されてお
らず、PCR検査からすべて自費での診療になります。

私もオアシスに来るまで、歯周内科なんて言葉すら聞いたこともありませんでした!(°д°)←

話だけでも聞いてみたい!という方がいらしたら、是非遠慮なくスタッフにお声がけください☆














新米の保坂&梅澤は今回のこのスタッフミーティングで

歯周内科についてしっかり理解し、学ぶことができました!!

他のスタッフも再確認できたかと思います(*^ω^*)











渋谷さんミーティングありがとうございました(*´ー`*)









 
author:デンタルクリニックオアシス, category:お勉強の日々, 07:03
comments(0), -, -
Comment