RSS | ATOM | SEARCH
ササキサマーフェスタin安曇野 その1




病院祭から向かったのは「安曇野サンモリッツ」、県歯の講習会でも度々訪れる場所です









ササキ主催のサマーフェスタに行ってきました









ササキの展示即売会&セミナーです























台風が接近しつつある梅雨の中休み、この日も猛暑でした

















中ホールにkavoやシロナ、ヨシダ、GCなど各社のユニットが並んでいます





kavoも300万を切る価格で買えるユニットがあるみたい、「先生買ってくれなくてもいいから、『kavoのユニットは高くないよ』って周りの先生に伝えてください」なんて言ってましたw












こちらはkavoの最新の5倍速コントラ、どんどん小さくなってますねぇ


DACユニバーサルのおかげで、ハンドピースは患者さんごとに完全滅菌できているので今のところ本数的には間に合っていますが・・




















こちらはシロナさん、定価500万だそうな


なめらかで静粛性も極めて高い、さすがのクオリティです しかもフットコン(トローラ)がワイヤレスでした LEDも超明るくてモーターも静か、素晴らしいユニット











こちらはナカニシブース





最新の5倍速Z95L、ヘッドも小さくしかも4点注水 


ヘッドが小さければそれだけ術野が広くなり患者さんも大きな口を開かなくていいし、軸が安定していれば安定しているほど形成もブレナイし、振動が少なければ削られる方も嫌な感じは少ないですよね











GCの材料も特価で出ていました、ルーティーンに使用するものを何点か購入








これはエンドメーターの断線チェッカーみたいなヤツ、一個あると便利かも











その他衛生士さん向けのセミナーも開かれているようでしたが、私的に











この日最大の目玉は、村岡秀明先生の特別講演「総義歯の印象、咬合、そして吸着」です









まだ千葉にいた頃、初めて先生のお話を伺いました、その頃は私が卒後3〜4年目だったためか正直ピンと来なかった。私の義歯に関しての経験値が低すぎたんでしょう







2年前に松本歯科医師会館でお話を伺った時リンクはだいぶ先生のお話が解るようになり、「義歯には義歯の形がある」「下顎義歯の舌側床縁の理想的な形」など教えの通りに作ってみたところ









吸い付く! 下のフルデンチャーなのに吸い付くよ、おっかさん!









と衝撃を受け、それ以来先生の著書を読み漁り、DVDでも勉強しスタッフとも見て、私の中ではすっかり「入れ歯の神様」です








(まぁ、そうはいってもその後全部が吸い付いたかっていうとそうでもなく、やっぱり奥がふけぇなぁなんて悩みながら日々やっているわけですが・・・)














(後半に続くリンク









 
author:デンタルクリニックオアシス, category:お勉強の日々, 08:29
comments(0), -, -
Comment