RSS | ATOM | SEARCH
ササキサマーフェスタin安曇野 その2


前半リンクからの続きになります)









村岡先生、登場と共に機器セッティングをはじめスピーカーをつなぎ、お気に入りのジャズやカーペンターズのムービーをかけ始めます


通常プロジェクターはどの会場でも用意があるものの、スピーカーのケーブルが無かったり容量が小さかったりして会場に音を流そうとして苦労される演者さんをよく見ますが



村岡先生はご自身で持参していました、さすが達人ですね










今年はiPadを2台切り替えながらの講義形式となっていました


keynoteで写真やスライド、フリーハンドで書きたいときはホワイトボード、動画ファイルは細かくナンバリングされ整理されていました











「よし、やろう!」の掛け声とともに時間ぴったりに始まりました












挨拶をするササキ松本支店長の川口さん、開業の時はずいぶんお世話になりました









とにかく村岡先生のお話は、先生の診療室で患者さんとやり取りをしながら義歯を作っていく流れがムービーで見ることができて、要所要所止めながら細かなポイントを教えてくださるというもの。


教科書で読むと難しいことを、解りやすくお話してくださいます



















「旧義歯を英語で言うとなんていうか知ってる?フル(古)デンチャーw」なんてダジャレがちょいちょい入ってくるため、会場からの笑いが徐々に大きくなります。















今回の会場は小さめの会議室ということもあり定員25人という事でしたが、後ろは溢れてましたね

















他院でうまくいかなかった紹介患者さんの初診時の問診風景から、実際に転覆を抑える床の形態に改造しながら咬合を安定させていく過程を見せてくださるり、これはとても参考になりました





2年前と同様、特にコピーデンチャーの有効性をお話しいただきました





後日私もコピーキットを買ってしまいましたw















講演後も個別の質問にムービーを使用しながら細かく答えてくださる村岡先生です











持参した先生の著書「村岡です。」にサインをしていただきました





感激です














さすが、高名な先生だけあってサインもウマ過ぎです




新幹線の時間を気にしてヤキモキするササキ社員を尻目に、皆にこのクオリティでサインして下さってました
















で、翌日オアシスでサインと写真をスタッフたちに見せびらかす





「いいだろ〜、すごいだろ〜」





「ふーん」





「キミたちで言ったら、三代目J Soul Brothersにサインもらった感じの感激だからね」





「えー、ありえなーいw」





なんてね


































さらにその翌日、








受付の宮本が








「せ、先生、なんか凄いファックス来ましたよ」


(;゜○゜)


























と持ってきたのがこちら



































A4一枚に がっちり書き込まれています





早速ラミネートして私のカルテコンピューターの前に飾っています





村岡先生ありがとうございます























早速今回伺ったヒントを、総義歯作りに生かしていきたい








が、なにせオアシスの患者層は非常に若い世代が中心、そういや総義歯なんて4か月くらい作ってないw




















「あー、はやくフルデンチャー作りてええぇ!」


ヽ(´□`)ノ




































































 
author:デンタルクリニックオアシス, category:お勉強の日々, 07:07
comments(0), -, -
Comment